スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フーテンライダー「勝負の時はいつも、、編」

「お風呂の温度が42度に変更されました」
薄っぺらい女の機械音が風呂場に響き、追い炊き機能が作動する。
勝負の前には42度にする。いつもは41度だが1度の差は大きい。
シャワーを浴びる。この時の温度は41度なのだ。まずは身体に41度を覚えさすためだ。十分に41度を感じた頃に追い炊き機能が終え、湯船は42度になっている。オレはためらわず一気に肩まで浸かる。
「うぅ、ぐぉ、ダァぁ〜」これだ!この瞬間なのだ!これこそ歓喜の呻きだ。
チクチクとそしてまろやかに皮膚を刺激する。ひと呼吸して息を吐き出すと「ふふぁ〜」と声が漏れた。

実はこの呻き声4種類ものにした。
充実した日を過ごした時「おぉ、うむぅ、ふふあ〜」
嫌な事があった時「あ〜ぁ、はぁ、、うぐ」
身体が心底疲れた時「おぅぉ、あああ、あぁ〜」
そして明日勝負する時が「うぅ、ぐぉ、ダァぁ〜」だ。

明日は富士五湖巡りだ。
バイクに乗る前は身を清める。それは何が起きても大丈夫なようにだ。パンツは黒地に淵が黄色のライン入りだ。このラインが青色では駄目なのだ。黄色は注意の信号カラーだ。赤色では前に進めない。青はなんでも進んでしまう。やはり黄色のラインなのだ。注意深く繊細に走るために黄色にしている。

仮に救急車に乗った時、病院に運ばれた時、救命隊員はオレのパンツを見てけっこう注意深いライダーだと気づくだろう。そのために必ず黄色のラインパンツと決めている。

富士1

富士2

いい天気だった。

富士3


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。